たべものブログ 小説?

たべものブログ

千葉県南房総市のブロガーです。 いろんなブログ内容となってしまってますがよろしくお願いします。

現在の閲覧者数: クリックしてくださる方、いつもありがとうございます。 ブロ友、相互リンク、随時募集しております。相互リンクの際にはお気軽にコメントをどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

疾風のファウド

先ずは設定・・・

ファウド:年齢は15才だが、魔力が桁外れにあるが、

     普段は魔力落とすアンチバングル(能力を落とす)を複数付けている。

     剣術は一流で、並みの剣術の使い手なら一掃する技術を持つ。
   
     ファウドの師匠は世界でも五本の指に入るほどの召喚の使い手で、剣術も長けている。

     欠点は非力と言う点と、女性にはやや弱い。

     ファウドの特殊能力は、倒した魔獣を使役する能力が有り、一度自らの力で魔獣を倒すと、
     その魔獣を対価と引き換えに呼び出し、魔獣の力を借りることが出来る。

アリーナ:年齢は40歳だが、見かけは魔力で15歳の姿にしている。

     師匠は、ファウドと同じ。

     魔力はファウド程はないが、ほとんどすべての魔術を扱える。

     師匠の言い付けではないが、お守り役として影で見守る存在。

アリサ:年齢18才。

    ファウドと同じく、サモンマスターを志すが、道中で危険から助けられ、
    それ以降ファウドに弟子入りをしたいと思っている。

    魔力は潜在的にはあるのだが、その魔力を引き出す能力に欠けている。
   
    見た目からは考えられないほどの怪力の持ち主で、
    普段は力を抑えるため、アンチバングル(能力を落とすアクセサリ)を腕輪に付けている。

とりあ得ずこれが初期設定。


旅を続けていくうちに、次々と出会う仲間となる人物と遭遇しながらの道のりになる予定・・・


アリサの次に出会う仲間は、一応考えてある・・・

 
吟遊詩人ハンス:年22才。
        一人旅を続けていたのだが、面倒ごとに巻き込まれてしまい、
        結果的にファウドに助けられる形となった。

        吟遊詩人でありながら、防御の魔法系に長けている・・・

        ファウドの純粋さに惹かれ、少しの間だけ、旅を共にしようと言う考えに至り、
        少しの間だけ、ファウドのお守役となることを決意した。

        本人は世界中を旅する事が目的だったので、まさに一石二鳥と言う考えに至った。



さて・・・


本文だが、最初にスタートする地点としては、
やはりアリサからのスタートにしようと思う・・・



僕の名前は「ファウド・シリア・ジェント」・・・
通称ファウドだ・・・

シリア・ジェントと言うのは、
僕を拾ってくれた師匠が付けてくれた・・・

と言うのは、僕は師匠曰く、捨て子の状態だったので、
僕の師匠であるイゴール・フィロ・ジェント様に付けて頂いた名前だ。

ちなみにイゴール師匠の次の、フィロって言うのは、
この世界では一番名誉が高いサモンマスターに与えられる名誉ある名前なんだ♪

次に来るジェントって言うのは、強いて言うなら、苗字みたいなモンかな♪

だ・か・ら、僕はファウド・シリア・ジェントの、「ジェント」と付けて貰えて物凄く光栄なんだけど・・・

真ん中の「シリア」と言うのは、この世界ではほんのひよっ子・・・
要は駆け出しに与えられる称号みたいなものなんだ。

この世界では、低い順で言うと、ファスト、セリア、シリア、セイジ、サモナ、サモン・・・と段階的にあるみたいなんだけど、その中間は僕でも知らなくて、一番偉いのがフィロって言うみたいなんだ♪

そんな名誉ある名前を冠されているのが、実は僕の師匠と言うのは弟子として鼻が高かったりw

でもそんな師匠がシリアの僕に、いきなり名誉の為に旅に出ろって言い始め、
僕はそうして旅を名誉の為に旅をする事になったんだ・・・

シリアッて僕の年では師匠が言うには結構稀みたいな事を言ってたんだけど、
僕はそれを誇りに思いながら、今から師匠の云いつけで、旅に出る事になりました・・・。




第一章、旅の始まり最初の出会い

僕の名前はファウド・シリア・ジェント・・・
サモンマスターを目指すべく、
優しく?そして厳しい師匠から無理やり旅に追い出された現在15才・・・

現在僕はお腹が空いている・・・

と言うのは、僕の師匠が突然今から旅に出て修行を積んでこいって言い出し、
「そしてあるもの」を取って来いと僕に突然命じたんだ・・・

師匠は僕にこう言った・・・

「あるものを取ってくるまで帰って来るな」と・・・
言うや否や、その時に手渡された路銀はたったの10000ギル・・・

たったの10000ギルって言うのは、君たちが住んでいる世界でも同じ価値ぐらいのレートで、
ぶっちゃけて言ってしまえば1ギル一円と同じで、言うならば一万円を手渡された様なものなんだけど・・・

お金を貰ったんなら良いじゃんって思う人もいるかもしれないけど、
問題は何ヶ月掛かるかわからない旅だし、
旅の途中でどうにかこうにか、
若干15歳の僕は自分でお金を稼ぎながらあるものを求めて旅をしなくてはならない所なんだ・・・

ちなみに僕は力はあまりないけど、師匠に少し教わった魔術が若干あるだけなんだ。

師匠と共に何回か旅は一緒に行った事はあるけど、
一人旅は今回は初めてで、既に二週間にさしあたる頃・・・

・・・現在路銀は尽きかけている・・・


師匠が取って来いって言ったそのあるものと言うのは、飛龍の涙・・・

飛龍の涙と言うのは、この世界では一滴、10000000ギルほどの価値があるそうなんだけど・・・
この世界の飛龍はとても凶暴で、ある国では懸賞を掛け、名のある魔導士を討伐に雇う程なんだ。

そして、飛龍のカケラは持っているだけで国の名誉にもなるし、
魔術合成とかの材料とかにもなるらしい・・・

魔術合成って言うのは色々あるのだけど、
攻撃用、防御用、魔術を増幅させるブースターを作り出すアイテムを作成したり、
たった一度だけ使うと消費してしまうものやら色々あるから、用途は様々なんだ。

まぁそんなこんなで僕は、

現在、路頭に迷いつつ、いきだおれかけているのだが・・・


そんなこんなで野や川をまたぎながら数週間目的の飛龍の卵を求めて旅を続けて、
とりあえず生きるために必要不可欠な路銀を求めて、ある街に向かう途中だった・・・


近くで何やらちゅどーん、ちゅどーんと騒がしい、


ファウド「なんだろう?式典でもはじまるのかなぁー」

僕は一人そう呟いてみた・・・

その矢先、ちょっと驚いたんだけど、僕の数m前に、ちょっピリ黒い物体が僕の近くに飛んできた!

式典の砲弾でも飛んできたのかなぁって思いつつ、
落ちてきた物体に歩み寄ると、
思いもかけない事に、
数メートル先から飛んできた物体はなんと人だった・・・

ファウド「なんだか面倒な事になりそうだな・・・」

と更に呟いてしまうが、

僕は突然の出来事に、少々戸惑いながらも、
その人の事が気になったので更に近づいて調べる事にした・・・

ファウド「っげ・・・」
ファウド「これはほっとくとまずいかも・・・」

その飛んできた物体はどうやら女性で、
ただでさえ鬱蒼と生い茂っている木々よりも高い所から落下しただけではなく、
ひどい流血とまではいかないのだが、
どうやら大層なケガを負っている様だった・・・

ファウド「我らより、元より住まいし水神よ、我らより元より住まいし時の神、対価を払い我求む・・・」

と、これはお決まりの呪文の詠唱・・・
この世界では魔力を持つものは、正しい呪文を唱えると、
魔法と呼ばれる通常ではありえない力を使う事が出来るんだ!

でも、魔法によって様々で、一人で詠唱しては発動出来ない魔法や、
魔法を使う代わりにその対価を払って発動するものもあり、
対価を払わずとも、詠唱だけで発動出来る魔法もあるんだけど・・・

今回僕が使う魔法は、回復系の魔法で、対価を払わなくては行けない中級魔法だったりする。


ファウド「・・・対価と共に、我求む、対象に、再び力を授け給え・・・」
ファウド「リカバリー」

僕が今回対価に使ったモノは、
純度がほぼ99%に近い、純水・・・
ぶっちゃけてしまえば聖水を対価にしたのだけど、
幸いな事に純水だけは僕は結構持ってるんだ。

ちなみに対価が聖水じゃなくても、
一応水なら、池にある水や、
雨が降った後の水たまりの水だって、効果はかなり違うのだけど、
一応魔法は発動したりする!

中級魔法だから、タブーを侵さない限りはきちんと発動するんだよ♪

ファウド「あー、良かった・・・」

ファウド「どんどん回復してくれている」

僕は目の前の突然の出来事と、
それでも僕のつたない魔法がちゃんと発動した事に対して、
少し安堵した・・・

だけれど僕は気づいていた・・・

妙な感覚を持つ気配がどんどん近づいている事を・・・


ファウド「このままだとまたやっかいだなぁ」

ちなみに回復系の魔法は詠唱を終えた後は、
上級の回復系魔法では常に詠唱と、構えを崩してはならないのだけど、
それ以下の回復系魔法は、構えているだけで発動し続けるモノとかもあるんだ。

だけど今回僕が使った魔法は、構えを解くとまた一から発動の為に詠唱をしなくてはいけない魔法で、
回復の対象に対して両手を掲げていなきゃいけないものなんだ・・・

そんな時に攻撃とかされたら結構危機だよね・・・

ファウド「頼むからもう少し待ってくれないかなぁ・・・」

と、またまた独り言を口にしてしまったのだが、
嫌な気配はどんどん近づいて来る・・・

そしてその気配はどうやら複数だと言う事を僕は感じ取っていた・・・

ファウド「もう近くだし、囲まれているみたいだ・・・」

僕は回復魔法の構えを解いて、臨戦態勢に入ろうかと思った矢先、
僕を目掛けて複数の魔法の矢が飛んできた・・・

スポンサーサイト
  1. 2012/04/04(水) 23:28:05|
  2. 小説?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第1317回「あなたは霊感ありますか?」 

こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「あなたは霊感ありますか?」ですこんな寒い時期に、更に寒くなるようなお題で申し訳ないのですが・・霊感って個人差はあると思いますが、なぜか私の周り��...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたは霊感ありますか?」



今日は久しぶりのトラックバックテーマでブログを更新します(^^ゞ

霊感と言うのは無いと思うのですが、
幼い頃は物の怪というものをよく見ていました・・・

自分が4才~5才位の頃でしょうか・・・

当時は実家から少し離れた場所に住んでいたのですが、
両親が離婚をしてしまったため、田舎の実家に帰る事になりました・・・

自分と弟と二人兄弟なのですが、
母親やまだ若かったらしく、
親権は親父が取ったそうです。

親父は当時、タクシーの運転手で仕事をしていて、
深夜過ぎま仕事をしなければならなかったため、
実家の祖母と祖父と住む事となったわけです・・・






弟はまだ2才と、一人にしておいては行けなかったので、
祖母と一緒に寝ていたのですが、
自分は物心も付いていたため、
母屋とは違う離れた小屋で一人で居ました・・・

その頃は自分は夕暮れ前は幼稚園で過ごしていて、
その間はお友達とかが出来て楽しく一緒にみんなとはしゃぎながら遊んでいたのですが、
夕暮れになると母屋で食事を取り、夜の八時くらいになると、
離れの小屋に連れていかれ、親父の帰りを待つ事無く寝てしまっていたのです。


所が自分の布団に泣きべそを欠きながら潜り込もうとする子供の様な子が居たんです・・・

その子は形は実態はないように思えたのですが、
何故だか年頃は自分より少し子供の様に思って居ました・・・

自分は、その泣いていた子がかわいそうだったので、
「ほら、おいで」と言って布団の中に入れて上げていました・・・


そんな風にして半分寝て、半分起きていた感じで、
親父が仕事から深夜過ぎに帰宅をしました・・・







自分は寝ているのに、親父が帰って来た事が分かり、
更には親父は深夜頃にテレビを付けて晩酌をしだしたりするのです・・・


しかしその瞬間か、いつの間にやら泣きながら布団に潜って来た子供は居なくなってしまってました。

親父は酔っ払うと自分が起きているかどうか確認をして、
起きていたらプロレスの技とかをかけてくるのです。

それが嫌だった為自分はその当時は狸寝入りをしていました。


ちなみにその子は二年程して母屋に移り住む事になる前まで、毎日の様に自分の布団の所に潜り込んで来ました・・・

そしてそれ以来その子供の様な者に会うことは無くなってしまったのです。

母屋に移っても、しばらくその子の事が気になり、
しばらく一人で母屋を抜け出し、
当時の様に寝ていたことは余談になります。

自分はその子が当時一体何者かわからなかったのですが、
今思い出そうとしても、その子は自分が作り出した幻の子供なのか、
はたまた座敷わらしだったのか、わからないのです・・・








これは実際に自分に起きた出来事である事は間違いありません。

その後、母屋仏壇の前で寝るようになり、天井から血がポタポタと落ちてくる様な錯覚も見たり、
ろくろ首が急に現れ、自分のほうをじっと見ている事もあったりしましたが、
13才の反抗期を迎える頃になると、以来一切そう言うモノを見なくなってしまいました・・・

悪夢とはまるで違う出来事で、出来るならもう一度見たいと思っているのですが、
とても残念な気持ちです。


P2011_1115_165440.jpg

イラスト、気力が湧かなかったので、ブチ君にお願いをしました。

  1. 2011/11/15(火) 18:00:17|
  2. 小説?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

千葉県南房総市、秋の祭りですいません

二日前のお祭りの記事を今日も更新します。

なかなか一日では書ききれない部分があったので、
申し訳ないです。


休憩所地点を出発して、次の休憩所地点までは太鼓を叩く事なく、
ロープを私服で引っ張りながら、
お祭りのスピーチの進行役の後輩と、友人と色々な会話をしながら、
特に誰が結婚したとか、
同級生同士の結婚が多いだとか、歩きました。


そして次の休憩所地点で、ゆういつの女性の後輩と初めて対面をしました・・・

この女性は自分をお祭りに誘ってくれていた友人なのですが、
あってすぐに、ビールを持ってきてくれました。

そこでまた自分は色んなお酒を頂いて、気分はハイになり、
久しぶりに大太鼓でも叩く気になりました・・・

大太鼓は、自分も友人も、かつては取り合うほど人気のもので、
なかなか叩けないものでしたが、
今ではすっかり寂れてしまい、
大太鼓の叩き手スーパーおとっつぁんしか居ないほどになっていました。

かつては自分も、大太鼓に魅了され、
友人達と技を競い合っていましたが、
もう過去のものとなってしまいました・・・

なんやかんやで大太鼓を久しぶりに叩けたのですが、
久しく叩いていないため、間違ってしまったり、
技を繰り出すタイミングを忘れてしまっていました。

ともかく大太鼓と触れ合うことで、ようやく祭りに参加している実感を手に出来ました。


しかし、かつては大太鼓の叩き手が変わると、
周りのものが、「そりゃー、そりゃー」と言って盛り上がったものでしたが、
現在では全く盛り上がりません・・・

自分はすぐに疲れてしまったので、
誰かに変わってもらいたかったのですが、
しばらく誰も変わってくれませんでした。


おかげで、久しぶりに叩いたのも手伝って、
手が鉛の様に重くなってしまいました・・・

友人が「俺たちの時代は終わったね・・・」

と、こうつぶやいたのですが、
自分も同感をしてしまいました。

途中、雨が突然降り出したりして、
友人ともはぐれてしまい、雨宿りをしたりもしましたが、
休憩地点は決まっているので、
焦らずに雨が止むのをまったりもしました。


途中で腹が減り、自分は友人に支給される豚汁とおむすびをいただいて、
空腹を満たしたのですが、
自分の中では、祭りと言ったらなん言ってもたこ焼きで
たこ焼きを食べたかったのですが、テキ屋さんがたこ焼きを作るのが遅いので、
諦めました。

夜も更けて・・・
P2011_1009_210720.jpg
全然知らない人が太鼓を叩いています。

かつては、古川地区では、
例外はありますが、ほとんどは古川地区の人間のみで太鼓を叩いていたのですが、
過疎化の為、まるで違う地域の方を借りて来ているようでした。

ちなみに、祭りバヤシには色々種類があるのですが、
以前は、

馬鹿囃子
早馬鹿
道中
三切り

がメインでしたが、違う地域から借りてきた人達が叩いて、

しっちょめ
びっとこ

と言うのが追加されたようでした・・・

この「しっちょめ」と「びっとこ」は
自分は友人と、違う地域に出向いてまで覚えようとしていたほどのものなのですが、
本来自分達がこの古川地区で叩くべきものなのに、
叩けないというのが悲しくもありました。

ようやく・・・
P2011_1009_220148.jpg
山車が車庫に入っていこうとしています。

その時の時間は10時00・・・

以前なら普通は10時に終わるはずなのに、
まだ終わる気配がありませんでした・・・

自分は仕方なく、友人に断り、
最後まで居る事なく、帰る事にしました。

最後のお囃子は、三切りで幕を占めるのが通常で、
終わったら、三拍子のかしわでをうち、代表者が「来年もよろしくお願いします」
と、恒例のものなのですが、残念ながら見ることは出来ませんでした。

友人から訊いたところによると、初日は24時に終わったそうで、
この日、別の地域では24時を少し過ぎての終了となったようです・・・

つまらなくて、なおかつ長文になってしまいましたが、
お許しください。

明日からはまた、ヘンテコブログに戻ると思います。


最後に、無断でお借りした、一番テンポが良い早馬鹿の動画を貼り付けておきます。
  1. 2011/10/11(火) 17:14:09|
  2. 小説?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

2012年度 千葉県南房総市 秋祭り と言う事で・・・

昨日は、地元の秋のお祭りに9年ぶりに参加しまして、
あろう事かFC2ブログを毎日更新していたのですが、
疲れ切ってしまい、訪問するのが精一杯でした・・・

もしも今日が休日ならば、
疲れた体に鞭を打ってまで更新しようと思えば更新出来たのですが、
なんと言っても今日は体育の日で、
連日仕事をお休みと言う訳には行かないのですよね・・・

っと言う前置きで本題に入りたいと思います。

昨日は、朝は早番の仕事があり、
それが終わったら友人1(以下ユウちゃん)に誘われていたお祭りに参加しようと思っていたのですが、
わけあってちょっとだけ仕事を時間延長をしてしまい、

結局お祭りはお昼からの参加になってしまいました。

しかし昨日はちょうど、
朝は大雨が降っていたので、
誘ってくれた友人もお昼からの参加になったので、良かったと思います。


P2011_1009_144547.jpg

自分は本来は、全然お祭りが無い地区なのですが、
誘ってくれた「ユウちゃん」とは、10年以上その地域で祭りを楽しんでいました・・・

ちなみにその「ユウちゃん」の地区はお祭りがある地区で、
古川と言います。

上の画像のような所で、自分と友人は待ち合わせ場所として落ち合いました。

自分は「ユウちゃん」より若干後からの合流となったのですが、
すぐに「ユウちゃん」がわかったので安心した所でした・・・

ちなみにちなみに、
手前にあるのが古川地区の山車です。

・・・9年ぶりに古川地区の面々と自分はお会いしたのですが、
スーパーおとっちゃん達と、毎年小マメに祭りに参加している、自分の友人の兄貴ぐらいしか知り合いは居ませんでした・・・

地区は違いますが、自分の一個上の先輩も、
毎年、笛の吹き手として参加しているようで、
友人と落ち合った際にはすでにそこに居ました。


スーパーおとっちゃん達は、お祭り二日目の今日が最終日、
自分が来た時にはもうすでに出来上がっている方が大多数を占めていました

そのうちの一人の一番危険なスーパーおとっちゃん「酔いどれおとっつぁん」と目が合い、


嬉しいかな、
悲しいかな、

飲み欠けの小さな缶ビールを渡されてしまい、
仕方なく、お久しぶりですと自分は小声で挨拶をして、
飲み欠けのビールを飲みました・・・

その後、しばらくしていたら、
どうやらこの広場で婦人会の皆様と、お子様達の踊りが始まるようでした。

自分ははっきり言って踊りはどうでも良かったのですが、
司会を務めているのが、
またまた知人で、幼い頃より親しくしている後輩だったので、

ビックリしました・・・

しかし「ユウちゃん」とは同級生で、
連絡も取り合っている、すでに知っているようでした・・・

そして一番驚いたのが、そのお顔・・・

顔が真っ黒になって、更にはハナの辺りがかなり赤らんでいたので、
てっきりどこかの酔いどれおとっちゃんと思ってしまいましたが、
「ユウちゃん」が言うには、結婚をして、子供を生んだからそうなっちゃった・・・
と言う事でしたので自分は納得しました。


そんなこんなで馴染みのものと話し込みながら時間は過ぎて行き、
踊りが終わり、次の地点の休憩所まで山車を出発しました。

P2011_1009_143502.jpg
この時点では、山車は四台集まっていましたが、
残念ながら、一台は別の地点の休憩所に向かうので、
お別れとなってしまいました。

太鼓を叩き、笛を吹きながら山車は行進をしていくのですが、
出発する時は、出来上がってしまっているスーパーおとっちゃん達は復活し、
自分にも、ほら叩け、準備しろと嬉しい言葉がかけられました。

私服で、10年近く参加していないのにも関わらず、
自分の事を数名は覚えてくれていた事・・・
それはなにより嬉しかった事でもあります。



かなり長文になってしまい、このままだと、
自分がいつかは書こうと思っていた小説?クラスになってしまうので、
今日はこの辺にしておきます。

ちなみに今日はかなりの疲れと頭痛の中で、仕事を無事やり遂げ、
きつい日にはたまにする、犬まくらを少しして癒された感じになりました。
P2011_1010_155653.jpg
ブチ君はヘビー級のミニチュアなので出来る技ですので、
痩せているわんちゃんにはやらないでくださいね。







  1. 2011/10/10(月) 17:38:41|
  2. 小説?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

いさばや

Author:いさばや
個人的に、気に入ったものだけを、
厳選して商品を掲載していきます。 
ハーブを栽培し、養蜂も最近になり、はじめました。
本来は、千葉県南房総市にある、個人経営をしている会社のブログですが、ブログの管理人は至って平穏な日常を過ごしていて、これといって特徴の無い日記の様な物を特に更新する様になっていますが、よろしくお願いします。
千葉県南房総市に住んで居ます。

時計

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

きょういぬブチ君シリーズ (14)
未分類 (171)
日記 (300)
健康食品 (4)
高級食品 (12)
超激安食材 (2)
地域の食材 (5)
カニ (3)
オススメの一品 (4)
レトルト (11)
ビール (3)
調味料 (2)
洋菓子 (2)
ミネラルウォーター (1)
インスタント食品 (12)
ダイエット食品 (3)
レトルト食品中華 (2)
スイーツ (4)
牛肉 (3)
韓国 (4)
六月の旬 (1)
ブログテーマ (1)
果物 (3)
主食 (2)
キャラクター (1)
レトルトカレー格安 (5)
カップ焼きそば (1)
飲み物 (2)
お菓子 (4)
小説? (4)
レシピ (29)
謎 (24)
イラスト (23)
トラックバックテーマ (28)
不定期 (1)
チーズ (4)
炊き込みご飯の素 (1)
飾り切り (1)
お茶漬け (1)
駄菓子 (1)
ハチミツ (2)
クリスマス特集 (1)
クリスマス (1)
お酒 (1)
動画 (2)
小説 (18)
冷凍食品 (9)
おつまみ (6)
手芸 (2)
海鮮丼 (2)
カップラーメン通販 (3)
過去の事 (2)
ソフトドリンク (1)
餃子 (1)
加工食品 (2)

ブロとも一覧


monky teil;

あるふぁるふぁ

Level11ガンランス式波動砲

Cozy World

北海道から東京へ

デブからの脱出

月夜に咲き乱れ-ワンニャン・クルセイダーズ-

暇人のブログ

深夜の手抜きラーメン

てくてくかえでん

Life Style

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

心を奪う恋愛術

KYギターマン

ヤバイ印.com

トレンド面白情報紹介ブログ♪

NC Muro(エヌシー ムロ)の制作ブログ

イロイロぶろぐ

のっこの気ままなバンコク日記

バカでも小学生でも猿でもわかるわかりやすいニュースサイト

アホ日記 ~末期から始まるダメ人生~

おーちゃんず☆妊婦のパパ

妙齢トライアングル

デイトレードで儲けよう

まかとん。大佐の幸せ計画

Xbox360 Age.46

鏡音リン♪

i-mobile

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。